11/22 路徳社 モーニングNEWS



1.米最高裁が保守派連邦最高裁判所陪席判事4名を派遣した


◆このことからバイデンは大統領に当選していないことが証明されたと同時に、大統領選挙の裁判は最終的必ず最高裁で、9名の最高裁判所陪席判事によって裁決される。


◆2017年6月21日、民主党はトランプ大統領をロシア疑惑にかけるために、コンピューターの専門家を招き、投票機器による不正行為は簡単にできることを証明しようとした。それなのに今年の民主党は投票機器による不正行為は不可能だと騒いている。


◆パウエル弁護士曰く、今得られた不正投票の証拠は米国で監禁されている人よりも多いという。



2.バイデンは当選後中共国に対する制裁を続けない意思を表明。


◆バイデンは中共への制裁を不必要だとし、新たな関税も必要がなく、中共にルールを守るようにさせればいいと考えている。また、トランプ政権が施した中共に対する全ての制裁を取り消す可能性が高い。このことからバイデンは陰謀が完全に見破られる前に、逆転できるように大々的に中共からの助けを求めていることが分かる。



3.Tuckerが閻麗夢博士を支持し、ニューヨーク・タイムズに対して反撃した


◆Tuckerは再び、閻麗夢博士がトップレベルのコロナウイルス科学者であることを認め、ニューヨーク・タイムズが閻麗夢博士の行為を詐欺と呼んだ理由を説明するよう要求した。


◆閻麗夢博士はZenodoで10ページにわたる科学論文を発表し、CNNの自分への中傷に対して、科学者として真摯的に返答した。



4.バイデン寄りのTwitter社が再び怪しい行動


◆Twitter社は1月20日当日、米国大統領の公式Twitterアカウントをバイデン政権に渡すことを発表。Twitter社は現在、新しく作成されたアカウントに対し、一番優先的に勧めているアカウントはバイデンとハリスである。



5.王選氏の漢字コードは北大方正に情報システムの基礎として使われている


◆1973年頃、全世界が漢字の文字コードの処理についての開発をしていた。1974年8月、中共の情報スパイの頭である周恩来の指示下で(748工程)が行われた。機械部門4が機械部門1を策動し、中国科学院、新華社、国家出版局、国務省などが共同で漢字データ処理システムを国家の重要科学研究プロジェクトにする報告を提出した。国による牽引で、国際市場を独占することを目的としていた。


◆748工程は「漢字精密写植システム」、「漢字情報検索システム」、「漢字新聞通信システム」3つの項目を含む。王選氏の方案がこの工程で傑出していて、その後北大方正の写植システムを基礎に、方正集団が早いスピードで発展させた。


◆この文字コードこそが中共のブラックボックスである、中共の核心的な最高機密である。また、重なるアップデートによって情報収集能力が更新されている。


◆この文字コードと中共の市場操作によって、中共は自分たちのこの情報収集端末を全世界のソフトやハードウェア、印刷機などに潜り込ませた。




引用:路徳社LUDE Media

編集:文寶Porsche 翻訳:RyouTb


62回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.