トランプ氏会見「最高裁で争う」 バイデン氏 過半数に近づく [アメリカ大統領選]



アメリカ大統領選は、開票から3日たっても勝者が決まらない事態となっている。

トランプ氏は、郵便投票に不正があったなどと敵意をむき出しにしている。

日本時間の6日午前9時前、トランプ大統領が2日間の沈黙を破って、突然会見を開き、「郵便投票で不正が起きている。違法性のある票は無効にすべきだ」と訴えた。

そのうえで...。 トランプ大統領「証拠がたくさんあるので、最高裁で争われることになるだろう。このように選挙が盗まれることはあってはならない」 法廷で徹底的に戦う構えを見せた。 しかし、具体的な不正の根拠については何も示さず、およそ16分間一方的にしゃべり続けた。 そして...。 トランプ大統領「このような国辱はあってはならない。ありがとう」 記者の問いかけには何も答えず、会見を打ち切った。 これまでの開票では、トランプ大統領が獲得したとみられる選挙人の数は214人にとどまり、民主党・バイデン候補の253人に大きくおくれをとっている。 バイデン氏は、選挙人の過半数270まであと17人。 現在リードしている選挙人11人のアリゾナ州と、6人のネバダ州の2つをとれば、勝利が決まる。 優勢が伝えられるバイデン氏は、日本時間午前6時すぎに記者会見。 バイデン候補「集計後、私とハリス(副大統領候補)が勝者になることに疑いはない。皆さんには冷静でいてほしい」 勝利を確信しているとしつつも、支持者に冷静な対応を呼びかけた。 念頭にあるのは、各地での混乱。 激戦州ペンシルベニアの開票所の前では...。 互いの主張をぶつけ合う、それぞれの支持者。 口論となる場面もあり、緊迫した状況が続いた。 トランプ支持者「確実に不正が起きています。トランプ大統領は、すでに正々堂々と勝利している」 バイデン支持者「トランプ派は、負けると知って『集計を止めろ!』と」、「(この事態は理解できますか?)いいえ、それは民主主義じゃない」 どちらが勝ってもさらなる分断が懸念される今回の大統領選挙。 トランプ陣営は、集計差し止めなどを求めて、少なくとも4つの激戦州で提訴をしているが、ミシガン州とジョージア州の提訴はいずれも退けられている。 (2020/11/06)

19回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.