SARS-CoV-2は超限(無制限)生物兵器大規模な組織的科学的不正を暴くことで明らかになった真実 日本語版



【抄録】


SARS-CoV-2の起源については、自然進化か実験室での創作かの2つの可能性が考えられる。


私たちは、「SARS-CoV-2ゲノムの異例な特徴はそれが自然進化ではなく高度な実験室での改変を示唆することおよびその推定合成経路の検証(Unusual Features of the SARS-CoV-2 Genome Suggesting Sophisticated Laboratory Modification Rather Than Natural Evolution and Delineation of Its Probable Synthetic Route)」と題した報告書で、SARS-CoV-2が進化によって自然に発生した可能性を否定し、代わりにSARS-CoV-2は実験室での改変の産物であることを証明した。


だが同様の努力にも関わらず、実験室創造説は依然として軽視され続けているか、あるいは矮小化されている。これは自然起源説が、アウトブレイク開始後に発表された幾つかの新型コロナウイルスによって支持され続けていることが根本的な理由である。


これらのウイルス(RaTG13コウモリコロナウイルス、一連のセンザンコウコロナウイルス、RmYN02コウモリコロナウイルス)はSARS-CoV-2と高い配列相同性を示しており、SARS-CoV-2の自然進化の経路を構築していると考えられる。


しかし、ここでは、利用可能なデータと文献の詳細な解析を行い、これらの新型動物コロナウイルスは自然界には存在せず、その配列は捏造されていることを証明する。更にまた、SARS-CoV-2が自然発生的に墨江の鉱夫に感染したコロナウイルスであるとの仮説への私たちの見識も提供する。これらのウイルス捏造の告発により、自然起源説は根拠のないものとなる。


また、それはSARS-CoV-2は実験室での改変の産物であり、中国人民解放軍(PLA)の研究室が所有しているウイルス鋳型を使って約6カ月で作成することができるという私たちの以前の主張を強化している。

データの捏造がSARS-CoV-2の真の起源を隠蔽するために行われたという事実は、更に、研究室での改造が単純な機能獲得研究を超えたものであることを暗示している。


このような科学的な不正行為の規模と協調して行われた性質は、学術研究や公衆衛生の分野での汚職の度合いを示している。このような汚職の結果、科学界の評判と国際社会の健全性の両方に損害がもたらされた。


重要なことは、SARS-CoV-2はPLAが指定した生物兵器の基準を満たしているが、その影響は典型的な生物兵器として考えられているものをはるかに超えていることである。更に、記録によると、この兵器化された病原体が放たれたのは偶発的ではなく、意図的なものであったはずだと暗示されている。そこで私たちはSARS-CoV-2は超限(無制限)生物兵器(Unrestricted Bioweapon)であり、現在のパンデミックは超限(無制限)生物戦(Unrestricted Biowarfare)の結果であると定義する。


加えて私たちは、疑わしい政府や個人に対して調査を行うべきであり、また国際社会へのこの残忍な攻撃を行った者についてその責任を問わなければならないと提言する。

【免責事項】

これは閻麗夢博士の第二回科学報告書の参考日本語抄録訳です。一部の用語の日本語訳は、日常生活で用いるものとは多少異なる場合がありますが、翻訳の基本的な正確さには影響しません。日本語訳版と原文の英語版との間に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。

【出典】

【世界多语言文字版】闫丽梦博士第二份重磅报告全文翻译




翻訳:茉莉花

77回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.