11月7日 ナイトNEWS



1. FOXの報道によると、ミシガン州の47郡で選挙機器に不正ソフトが使われていた証拠が見つかったという。また、全米の12個の州でもこの不正ソフトが使われていたことが分かっている。ナンシー・ペロシの前ホワイトハウス大統領主席補佐官の会社ドミノによって製造された選挙機器である。しかも中国で生産された物である。この機械はトランプ大統領に入れた6000余りの票をバイデンの票として計算していた。


2. 多くのメディアがバイデンのために宣伝している、CNNによるとバイデンがペンシルベニア州で勝てば大統領選挙に勝つことができると報道している。そして全世界のメディアが中共のバイデンのためにこのフェイクニュースを報道している。


3. 本日共和党を支持する人々が1つのサイトに集まり、明日全米の50個の州で公平な大統領選挙と、バイデンの不正な投票行為を止めさせる平和な抗議デモを起こそうとしている。米国の人々はすでに目を覚ました。また、これと同時にバイデンを支持するマイケル・ブルームバーグも25個の街でアンティファを利用した暴力的なデモを起こそうとしている。


4. 今は超限戦での情報戦争の真っ只中で、心理戦が繰り広げられている。バイデンはメディアを通じてフェイクニュースを作らせている。本日のCNNはトランプ大統領がバイデンの勝ちを認めることや、トランプ大統領が自分の弁護士チームに対して不愉快であるなどとフェイクニュースを報道している。


5. 国際の米国への態度では、トランプ政権の4年間は中東に平和をもたらしたため、本日イスラエルがバイデンに米国とイランの核問題に触れないよう警告した、でないと局部的な戦争が起こる可能性があるという。


6. あるニューヨークの国会議員がTwitterで、今後の清算のために、トランプ大統領を支持するブラックリストを作ろうと煽るツイートをした。このことは米国民衆の怒りを買った、米国民はもう目を覚ましている。


7. 今回の米国大統領選挙ではバイデンは様々な不正行為を行った。不正な郵便投票、トランプ大統領の投票の破棄、トランプ大統領に票を入れる人々に無効となるペンを使わせる、おまけに死者までが投票に参加していた、そして不正投票ソフトの使用、きっとまだまだ人に言えないようなことをしているであろう。


8. もし未来中共が5Gを支配し、ハイテクノロジーも支配すれば、世界にはもう民主というものはなくなる。


9. 米国の政策システムは信仰のある正義な人々のために制定されたものである。中共のような悪人にとっては悪利用できる多くの隙間があり、不正行為をすることができる。


10. トランプ大統領はわざと、11月6日まで民主党に不正行為をさせていた。6日後には不正行為についての情報が公開される。米最高裁ではすでにペンシルベニア州において、11月3日8時以後の投票に対しては別々で検査、集計をする判定を下している。


11. 2月米国が国民に配った200ドルが盗まれていた。その間では中国のダークウェブで、米ドルが半額近くでやり取りされていた。それと同じ方法で、投票を盗むこともできる。




引用:路徳社LUDE Media

編集:小小星 翻訳:RyouTb

369回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.