11月6日 ナイトNEWS


1. 米国国防長官エスパーは退職する準備が整ったようだ。


2. 米国の人々は体が中共ウイルスに感染させられただけでなく、三権分立という体系も中共ウイルスに感染させられた。


3. トランプ大統領は不正投票を通じて、ようやく爆料革命が三年間言い続けてきた3F計画の邪悪さを理解した。トランプ大統領がはるかにリードしている状况下ですら彼らは不正投票を行った。百何歳の死人ですら深夜に現れて投票をしていた。一部の投票は中共のsfエクスプレスによって米国に送られている、これこそが米国の大統領選挙への干渉である。


4. トランプ大統領は大統領として米国で最も権力がある人で、世界最強の軍隊を率いている。また、CIAやFBIという国家機関を手にしてても、中共の浸透の前では前に進ことが困難である。このことから郭文贵のこの三年間はどれほど大変だったのかが伺える。


5. トランプ大統領も郭文贵も億万長者である、世界の最も価値のある不動産を持ち、最上級な生活を送ることができる。しかし、そんな彼らは危険を冒してまで、人類の未来のため、神様からの使命、そして人々の期待を背負いながら闘っている。


6. トランプ大統領の当選目的は米国をあるべき姿に戻すためで、中共の邪悪な势力を排除しようとしている。しかしバイデンは中共の邪悪な势力と結託し、大統領になることを金儲けの道具にしようとしている。彼が大統領になれば米国は滅ぶ、そして人類を暗黒な时代に導くだろう。


7. 米国国防长官の任命は大統領と下院両方の同意が必要となる、そのため下院はこのチャンスに乗じ、トランプ大統領に反対するような人物を支持する。


8. 大統領選挙はすでに法律の戦いに突入している、ペンシルベニア州の最高裁判事はすでに15名の弁護士チームにフィラデルフィアの選挙所に入り、調査することを許可した。もし一枚でも不正投票があった場合、全ての投票を相手側に入れるという。


9. 大統領選挙の法律戦争では必ず中共が米国の大統領選挙に干渉している証拠が見つかる。最终的では中共が米国の大統領選挙に干渉しているさまざまな不正行為が明るみとなる。これこそが米国大統領として、中共を滅ぼす過程の一つである。


10. 大統領選挙の勝ち負けを最终的に決めるのは米国の大統領選挙委員会が法律の文書の結果を元に決めることである、じゃないとホワイトハウスで就任することはできない。中共に浸透されているメディアのフェイクニュースなどは全く意味がない。


11. トランプ大統領が就任した4年間で、なぜずっと議論されていたのかというと、それは彼が反共で、海外に流失した産業を一つ、また一つ米国に取り戻し、そして大幅な減税を行ったことで、中米の売国賊どものシノギに触れたからである。幸い、米国にはトランプ大統領を支持する正義な人々がいる、じゃなかったらトランプ大統領は間違いなく中共によってBGYされた泥沼から抜け出すことができなかっただろう。もし彼が選挙に負けたら、彼の家族は全員迫害に遭うだろう。


12. バイデンは基本的に選挙活動を行っていなかった。しかしトランプ大統領は毎日何回も選挙活動を行っていた、どこへ行っても多くな人々に支持されていた、それなのにバイデンに逆転された。米国人は起こったことを全て見ている、そして考えている。だから、これらのことは米国人を呼び覚ました。


13. 今すでに多くの面から中共が米国の大統領選挙に干渉している確たる証拠が見つかっている。路徳曰く全ての投票にはGPS機能がついている可能性があると述べた。トランプ大統領が勝利宣言をしたとき、民主党は百万枚の偽造投票を作り出したため、不正行為がばれてしまった。だから、今回の大統領選挙は最終的中共を潰すための有力な武器となるだろう。




引用:路徳社LUDE Media

編集:貴英美 翻訳:RyouTb

67回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.