11月5日 モーニングNEWS



1. 今日の選挙ではバイデンが投票所で投票ができなくなったとして、有権者を投票所に入れないようにしていた。



2. 米国各地で「レッド・ミラージュ」という名の暴動が起きている。


3. バイデンは基本的に何もしていないのに、ヒラリー以上の票を手に入れている、このことから米国の選挙制度はすでに正常に運転することができなくなっている。


4. 民主党は選挙の開票をできるだけ伸ばそうとしているが、いくら引き伸ばそうと、選挙が決まるまではトランプ大統領が大統領の座にいる、だから大統領の特権を使うことができる。


5. 今は各メディアが自己流で票の統計をしているため、情報が混乱している。


6. バイデンはトランプ大統領より選挙資金が3倍ほども多いが、トランプ大統領の背後には米国を支える大黒柱という正義の力がいる。


7. 共和党には信仰心があるため、民主党みたいに郵便投票に手を加えるような卑怯なことはしない。


8. いくら汚いことをしても、法廷で証拠がなければ、罪を確定させることができなければ、アメリカではそれは合法なことである。それはお金があれば簡単にできることだ。


9. 今米国の状況に対して、中共は間違いなく喜んでいるだろう。しかし今の投票の多くは民意を代表していない。


10. 郵便投票による結果が有効かどうかについては、最終的では最高裁判所が決める。トランプ大統領はおそらく郵便投票による不正行為が多すぎるため、最高裁にそれを訴え、本日の機械投票による結果がすべてであることを求める。


11. 最高裁判事がもしトランプ大統領にするなら、判事の家の周りでアンティファを利用したレッド・ミラージュというテロ活動を起こす脅しをしている。また、株の下落も、毎日10万人を越える新型コロナウイルスの感染者もすべて最高裁判事たちに対する中共と民主党からの圧力である。


12. トランプ大統領が新型コロナウイルスを生物兵器だと発表しなかったのは、米国は中共の超限戦に耐えられると甘く見ていたため、バノンの進言はありえないと思ったからである。トランプ大統領はまだ中共の邪悪さについてしっかり理解していなかった。しかし、今トランプ大統領は壁にぶつかっている、これで目をさらに覚ますだろう。




引用:路徳社LUDE Media

編集&翻訳:RyouTb

71回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.