11月2日 ナイトNEWS



1. 今日のFOXではマリアが「米国土安全保障省」の議長ジョンソンと「政府説明責任研究所」議長シュワイツァーにインタビューした。


2. 議長ジョンソンi曰く、今の米国には三大スキャンダルがある。「バイデン家のスキャンダル」、「主要メディアとSNSが真実を隠し、情報の審査を行っている。」、「米国政府と情報機構の腐敗」。


3. シュワイツァーがジョー・バイデンが外国事業体の政策を担当し、中共はバイデンの権力を利用して、米企業を買収したり、ハイテク産業を買収したり、その中から巨額の金銭を稼ごうとしている。彼の息子ハンター・バイデンが渤海華美投資会社の取締役になれたのは、彼の父が米国の会社を中共に売る許可をしたからだ。


4. このような権力取引の恩恵を受けていたのはバイデン一族だけではない、米国政界の権力者の多くが関与している。これは米国の国家戦略や国家安全保障に対する重大な脅威である。


5. 中共はオーストラリアやニュージーランドの政界でも、米国にしたことと同じことようなことをしている。


6. 中共はバイデンが選挙で負けることをすでに知っている、だから、香港の現議員と元議員を必死に逮捕している。中共は内乱を防ぐためにやりたい放題である。


7. トランプ大統領の大統領選挙集会では民主党派の人や中間派の人が出てきてトランプ大統領の連任を支持している。このことからバイデン家のスキャンダルは米国人の目を覚ました。


8. 米国政府はすでに大統領選挙のあとに怒る騒乱に対応する準備ができている、経営者たちも板などを使ってドアを頑固にし、略奪を防いでいる。


9. 中共は、バイデンや米国のディープステートから得られた金銭で一帯一路に使おうとしている、邪悪な中共勢力を世界各地に拡大しようとしている。また、BGYは3F計画を使って世界の各政府を支配しようとしている。


10. トランプ大統領は就任中、中共の大規模な米国企業の買収をストップさせた。また、米国の海外投資企業や製造業を再び米国本土に帰還させ、米国の経済回復につながっている。


11. 米国大統領選挙まではあとわずか!今回の大統領選挙は世界の人々の存亡に掛かっている!トランプ大統領の連任は、世界最強を誇る軍事力を正義の力が握ることを意味する。その中、左翼メディアはトランプ大統領の当選勝率が3%でバイデンの勝率が97%と報じている、もはやマスゴミという蔑称ですらこの利益集団のクズどもを形容できない。




引用:路徳社LUDE Media

編集:貴英美 翻訳:RyouTb

70回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.