10月18日 モーニングNEWS



1. 今日は以前の内容を消化させるため、ニューヨーク・ポストから新たな情報は発表されなかった。今週報道された内容はただの前菜である、これからは路徳社が報道した内容がどんどん出てくる、もちろん新型コロナは中共の生物兵器ということも含まれている。


2. P4実験室から逃れたもう一人の研究者がアメリカに行きたくないのはCIAもFBIも信用できないからだ。しかし、彼が持っている情報はすでに全部アメリカに渡っている。


3. 中共は米国の政界、司法、媒体、バイデンまで手なずけている、その中郭文貴は今日まで爆料革命を続けてきた、このことから郭文貴や爆料革命を裏から支持している力の大きさが伺える。


4. 路徳社に英語チャンネルができています、URLは動画の下にある「LUDE MEDIA Channel」からアクセスできます。もしよければチャンネル登録をお願いいたします。


5. ジュリアーニは10つの極秘ファイルを持っていると話した、その内容を知っているのは自分とハンター・バイデンしかいないが、中共はそれらを全て持っている、しかももっと多い。


6. ハンター・バイデンがやっている薬物はエフェドリンである。しかも、それはタダで提供されている。また、彼は児童虐待をする小児性愛者である。


7. 中共はアメリカに対して何十年もずっと完全に怒らせないようにしている、ギリギリなところで緩和しては繰り返している。


8. マスゴミはよく民意調査をしてはトランプ大統領よりもバイデンの方が支持されているという嘘な統計調査を発表している。


9.  トランプ大統領が日々各地域で選挙集会を行っているのは本当の民意を図るためである。なお、バイデンは汚い手で当選できると信じているためか、何もしていない。


10. ジュリアーニは中共がアメリカの基本である三権分立のシステムへ攻撃をしていると述べた。だが、それでも彼らは写真やメールなどの証拠を覆すことはできないと念を押した。




引用:路徳社LUDE Media

編集&翻訳:RyouTb

26回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.