10月15日 ナイトNEWS



1. 米海軍のミサイル駆逐艦が本日台湾海峡を横断し、インド太平洋海域に到達した。


2. 10月14日、日本海上自衛隊が最新型潜水艦「たいげい」の進水式を行った。当潜水艇の索敵能力が大幅に向上させられており、中共の海洋進出に対する抑制力である。


3. トランプ大統領の17歳の息子も検査で陽性となった。 ファーストレディは感染していなかった。


4. 米国務省が香港自治法に関する報告書を発表。林郑月娥並び複数の主要官僚と彼らと取引のある金融機関に対し、まもなく制裁を開始するとのこと。


5. ポンペオ米国務長官はトランプ政権を代表し各州の教育長に向け、中共が孔子学院を通じて米国民のイデオロギーを浸透している問題について注意を促した。また、カナダやオーストラリアが孔子学院を廃止したことにも触れた。


6.ハンター・バイデンのハードディスクは米国に大きな衝撃を与え、米中メディア戦争において、最も激しい一日となった。その中Twitter社はフォロワーを多く持つ2つのアカウントを凍結した、一つはホワイトハウスの報道官、もう一人はハリウッドスターのジェームズ・ウッドである。


7.ハンター・バイデンのハードドライブについて、トランプ選挙陣営や、本当に反共している戦友はみんなリツイートをしている。しかし、中にはずっと戦友だと思っていた人がリツイートをしなかったり、宣伝もしていない。このことから、本当に反共している人とそうでない人が分かる。


8.バノンが、これは単なる汚職や詐欺ではない、バイデン家は国家安全保障にとって大きな脅威であると述べた。


9.ジュリアーニが、我々が手に入れた情報の中には、非常に不適切なものから厳重な違法行為まで、この1000枚ほどの写真が含まれていると述べた。また、中共はとっくにこれらの情報を持っていることにも触れた。


10. 環球時報、ニューヨーク・タイムズ、ABCニュースが、再び閻麗夢博士への攻撃を始めた。路徳社は以前、習近平は閻麗夢博士を標的にした対策チームを作ったことについて話したことがある。




引用:路徳社

編集:華夏の文麗 翻訳:RyouTb

35回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.