10月10日 ナイト・ニュース



1.ポンペオ国務長官は、2016年の選挙前にヒラリー・クリントンが削除した3万3000件の文書を公開しようとしている。現在、一般公開に向けて準備を進めているとのこと。


2.ヒラリーが削除した文書は米国に渡った3つのハードディスクと同じように、中共の内部抗争と関係している。ヒラリー時代のポンペオは下院情報委員会で重要なポジションを担当していた。


3.閻麗夢博士の二つ目のレポートが反響を呼んでいる。彼女はまもなく世界各大手メディアの取材を受けることとなる。


4.中共の上層部は昨日、閻麗夢博士の路徳社の出演に衝撃を受け、屈服した。中共はこれから世界にあるすべての力を利用して虚偽な証拠を作って弁論するだろう。


5.第2回大統領選挙討論会が中止になった。


6.台湾は今日、台湾海峡の中心線上でフライトショーを行った。2日ほど前の中共の「海峡に中心線はない」という発言に対し強力な反撃に出た。オブライエン米家安全保障顧問は中共に対し、台湾への武力行使は考えない方がいいと勧告した。


7.今日のファウチ博士の話によると、マスクを着用しなかったホワイトハウスでの連邦最高裁判事指名式典でスーパー・スプレッダーがいたが、誰なのかは分かっていないとのこと。この発言によって世界の医学界はみんなこの方向に傾くこととなる。


8.ホワイトハウス報道官、専属医共に、今のトランプ大統領は健康であると発表している。もちろんトランプ大統領ご本人も自分の体は健康だと話している。


9.中共の指示で、先日行われた副大統領討論会で、ペンス副大統領が発言する際の映像をノイズのせいにして映らなくした。このことから中共がバイデンを手助けしていることがわかる。


10.ポンペオ国務長官が日本で行った米、日、豪、印4ヶ国会議で、米国はパンデミックに対して深い認識があることと、中共に対する政策、協議、国際法など一切妥協せず、まっすぐ立ち向かうことを表明した。


11.パキスタン政府はTikTokの使用を禁止した。




引用:路徳社

編集:小小星 翻訳:RyouTb

41回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.