10月6日 ナイト・ニュース



「すべての内容はバノンによる発言である」


◆ トランプ大統領は選挙とTAKE DOWN CCPを合わせて一つにして進行していく考えで、これからは攻勢に出るようになる。


◆ バチカンが中共から20億ドルもの現金をもらい、さらに中共のためにマネーロンダリングも行っているという郭文貴からの情報に感謝する。


◆ 閻麗夢博士が米国のメディアに出演し、新型コロナの真相について語ってくれたことに感謝する。


◆ ジュリアーニは鷹派のメンバーと様々な仕事をしている。


◆ 選挙まで大きな動きはないと思う、だが超鷹派のメンバーはみんな郭文貴を信頼していて、中共は金融とテクノロジーにおいてはすべてがハリボテであることを認識している。なので、まずはグレートファイアウォールを壊し、西側の会社に中共へテクノロジーを提供しないようにさせ、金融機関に中共に資金、特に米ドルを与えないようにさせれば、3ヶ月もあれば中共は降参するのではないかと思う。


◆ トランプ大統領が新型コロナに感染したことで、まだ中共と協力しようとしていた人たちがこれからは中共と協力してはいけないと思えるようになった。


◆ 米国の上層部はみんな閻麗夢博士のレポートを読み、基本的にウイルスは武漢海鮮市場からでも自然からのものでもなく、実験室からのものだと認識している。


◆ 閻麗夢博士のレポートはジュリアーニの関心を高くひきつけ、彼はもともとバイデン家とウクライナとの関係を調べていたが、今では中共とバイデンの関係、中共の米国での浸透について調べ尽くしている。


◆ ファウチは必ず調査される。


◆ 中共の台湾への脅迫と南シナ海での脅迫は同じようなものでただの見せかけでしかない、もし中共が軍事行動に出れば中共軍内で軍事事変が起こりかねない。一番いいのは中共が先に手を出すことで、もしそうすれば中共は一瞬で同盟国によって消されるだろう。


◆ トランプ大統領がホワイトハウスを感染させた者を探し出そうとしている。


◆ 短期間に中共を越境犯罪組織に認定する法案が下りる可能性は難しい、アンティファですらそれができていないからだ。だが、超鷹派はいつか中共をそうしたいと思っている。


◆ ハンターバイデンだけではなく、バイデン家自体が中共と結託し、中共に支配されている。


◆ 中共の金融、マネーロンダリング、他国の政治への干渉、他国の政治家への干渉、彼らの会社、資金の由来についてすべて調査中である。


◆ ジュリアーニ元市長の影響力を甘く見てはいけない、ジュリアーニは司法省での地位はかなり高い。


◆ バイデンはずっと嘘をついている、それを示す証拠がこれからどんどん明らかとなる。


◆ 米国では多くの人たちが新中国連邦の人々を応援し、感慨している。




引用:路徳社

編集&翻訳:RyouTb

33回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.