9月26日 ナイト・ニュース



◆ 明日か明後日、ディリー・メールがハンター・バイデンが兄が亡くなる前に兄の嫁と不倫をしていた証拠などを報道する。


◆ 米国弁護士業界の核兵器と言われている人物デイビット・ボイズ、彼はかつてマイクロソフトのための裁判に勝訴している。また、バイデンの息子が彼の弁護事務所で仕事をしたことがあり、バイデンが初めて大統領選挙立候補したときの相棒でもある。もしバイデンが当選すれば、ディビット・ボイズは司法長官になる予定である。


◆ 米国の政治家は皆弁護士事務所を通して契約を交わしている。前に話したハンター・バイデンと習近平と王岐山が交わした契約については、ディビット・ボイズの弁護士事務所が代理人として、叶簡明と3000万ドルの契約を交わした。このことは3つのディスクの中にも入っている。


◆ お金の入手ルートはマカオからで、前にも話したギャンブルの王シェルドン・アデルソンが加担していた。シェルドン・アデルソンが基本的にマネーロンダリングをしていて、そのあと叶簡明を通じて弁護士事務所に入る。また、別のルートとしてゴールドマン・サックスやブラック・ストーンも関わっている。


◆ ハンター・バイデンは車豊とかなり仲がよく、ハンター・バイデンが北京へ行ったときはいつも車豊が買ったパングー・セブン・スター・ホテルの11号四合院に泊り、女の子を探したり、クスリをやっていた。


◆ その後車豊も叶簡明も習近平に逮捕された。45億ドルの契約には高燕燕と孫瑶も関わっている。高燕燕はゴールドマン・サックスと繋がっていて、孫瑶はブラック・ストーンと繋がっている。


◆ 習近平は共産党で基礎がないため、中共の各家族不干渉というルールを破り、総書記になったあと、車豊や叶簡明など各家族のルートを排除し、新たな自分のルートを作り、様々な分野の人や財産を自分のところに集めた。そんな習近平のルートの本当の協力者、恒大集団やファーウェイの本当のボスの名前は「岳欣禹」。


◆ 習近平がバイデンの勢力を完全に手に入れたため、江沢民、曾慶紅、孟建柱が3つの資料を米国司法省に渡した。なぜならもしバイデンが当選したらデイビット・ボイズが司法長官になってしまう。アメリカでは最も核心となるのは司法長官と大統領首席補佐官だけで、この二つだけが実権を握っている。習近平に支配されたバイデン派である司法長官デイビット・ボイズは間違いなく自分たちの財産または命を脅かすからだ。


◆ 中共はいくつかの派閥に分かれていて、各派閥は他人に相手を滅ぼしてもらおうとしている。江沢民、曾慶紅、孟建柱は元々3つのディスクをナンシー・ペロシに渡そうとして、バイデンに弱みを握っていることを伝えたかった。しかし最終的トランプ大統領側に立って習近平に対抗しなきゃまずいと考えた。


◆ 中共はワシントンにいる政治家を若いときからBGYしている。中共はトランプが大統領になることをまったく思っていないため、見下していた。なのでトランプ大統領の当選は中共への不意打ちのようなものである。




引用:路徳社

編集&翻訳:RyouTb

24回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.