9月24日 ナイト・ニュース



◆ 米軍は改めて台湾での駐軍を考えるべきと議論している。米国は平和のために台湾海峡の中間線を支持していたが、しかし共産党ははっきりと台湾海峡の中間線を支持しないと述べている、これは完全に米国への挑戦である。


◆ 米国衆議院より新型コロナの対応においてWHOは中共の宣伝と足並みを揃い協力して新型コロナの真相を隠した。そのためテドロス・アダノムにはパンデミックを引き起こした責任を取らせ。また、直ちに辞任することを求めた。


◆ ポンペオ国務長官は中共が力を集中させ、米国政府及び議会への浸透していることに言及した。


◆ 習近平が国連事務総長アントニオ・グテーレスとテレビ会談を行った。その後アントニオ・グテーレスの発言は習近平の話を繰り返したもので、完全に中共を支持する発言をした。


◆ 閻麗夢博士はトランプ大統領が必ず見るFOXのルー・ドブスの番組に出演し、初めて生物戦争について触れた。FOXのルー・ドブスの番組は通常生放送だが、今回はわざと収録による放送にした、つまりFOXのルー・ドブスは完全にこのインタビューを放送することに同意したことを意味している。しかも、このインタビューは収録されたあとYouTubeに上がる前にFOXが驚く速さで放送した。


◆ 以下は閻麗夢博士がFOXルー・ドブスの番組での発言


新型コロナウイルスは中共軍が発見および所持している蝙蝠のウイルスを基礎に製造したウイルスである、彼らはそれを「ZC45」と「ZXC21」と呼んでいた。これは元々害のない蝙蝠のウイルスだったが、改造によって高い伝染力と致命性を持つようになり、人類のACE受容体と高い親和力を持ち、人類を好む。


新型コロナウイルス(SARS-COVID2)はSARS1の特徴と一部似ている、またほかの致命性を持つウイルスの特徴をも持っている、例えばエボラウイルスと高病原性鳥インフルエンザウイルス。


私の情報と科学的証拠、及び私の30年あまりの中共体制への理解から、このパンデミックを解決する方法と真相を知る唯一の方法は、中共政権を倒すことである。中共と関連する科学者がいない状況下でしか真相を見つけることができない。


過去十何年、中共政府はずっと科学者にあらゆる種類の致命性を持つ病原体の研究を勧めてきた、しかも中国全土で様々な動物を媒体とするウイルスを探してきた、例えば舟山蝙蝠ウイルス。そのあと彼らは手に入ったウイルスのゲノムを自由に組み合わせることでその毒性を強化していた、我々はそれを「機能強化研究」と呼んでいた。だから、彼らの倉庫にあるウイルスは一種類だと考えてはいけない、彼らは様々な選択肢を持っている、人々の予想よりはるかに多い。


◆ インド最大のテレビ局WIONが閻麗夢博士へのインタビューで彼女と法治基金の関係について、彼女にどうして政治団体の支持がいるのかと質問した。

閻麗夢博士は以下のように述べた「私はこのことは政治とは関係がないことを説明しなければならない、彼らは政治的背景を持っているだけで、私が香港や中共の支配から逃れアメリカへ亡命できたのは法治基金の助けがあったから。法治基金は人々に真相を知らせ、中共という邪悪な政権を反対する基金である、彼らは私のような人々を助けるための組織であり、だから彼らは私の命を救った、もし彼らがいなかったら私がこうやってここで話をすることはありえないことである、それでは、真相を世界に伝え、共に中共に対抗しようとした人間が一人いたことを誰も知らなかったでしょう。だから私と政治を一緒にすることは非常に滑稽なことである、例えばハーバード大学やマサチューセッツ工科大学も中共から資金を受け取ったことがあるでしょ?彼らが中共から資金を受け取ったから、私たちは彼らは政治的目的だと決めつけていいのでしょうか?」。




引用:路徳社

編集&翻訳:RyouTb

23回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.