9月23日 モーニング・ニュース



◆ 米国務省より全世界の米大使館に中共からの挑戦に対する注目と対処を高めるよう注意した。この要求の裏には各国の米大使館にアンティーファなど中共に操られている左翼テロ組織による襲撃を備える意味も込められている。


◆ 元アメフト選手、現在は総合格闘家のハーシェル・ウォーカー(Hershel Walker)は中国がブラック・ライヴズ・マター(BLM)のために資金を集めている、その後民主党に献金していると述べた。彼は最初BLMに協力していたが、今ではトランプ大統領に真実を発表してもらい、米国のために戦いたいとのこと。


◆ 閻麗夢博士が東アメリカの9:30よりインドの大型番組WIONに出演する。閻麗夢博士は国境で中共軍と対峙しているインドの方々のために新型コロナの真相を伝える。


◆ 日本感染症学会が新型コロナに対する臨床治療によるヒドロキシクロロキンの実証を発表した。ヒドロキシクロロキンによる重症患者への症状改善が確証されており、関係部署にいち早くヒドロキシクロロキンの効果確認を進めるよう推薦した。


◆ 路徳の情報によると、日本は世界で初めて新型コロナを生物兵器として認定する国となる。


◆ トランプ大統領が連合国で「連合国は必ず中共国に責任を取らせろ。」と発言を述べた。連合国がそうしないのなら、そのときは連合国を解体するか、もしくは連合国からアメリカが抜けるだろう。


◆ トランプ大統領のこの一言は中共国は犯罪者であり、もう連合国での常任理事国ではないことを意味している。中共国の待遇は当時中華民国から中共国になるように入れ替わることとなるだろう。


◆ 王岐山と親密な関係にあった北京不動産王の任志強が汚職と贈収賄など4つの罪で18年の刑を言い渡された、このような罪名はすべて中共が適当に押し付けたものである、彼の本当の罪はかつて習近平を批判する文章を発表したからだ。また、このことから王岐山と習近平の戦いでは王岐山の勢力が終わったことを意味する。




引用:路徳社

編集&翻訳:RyouTb

33回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.