9月21日 新中国連邦NEWS



◆ グアムより東の海上で米軍最高レベルの軍事演習である「勇敢な盾2020」が行われた。今回の演習は宇宙から海底まで、台湾海峡、南シナ海での有事に対処するための訓練である可能性が高い。


感染率が低かった東南アジアでは、新型コロナによる第二波の感染が拡大している。


◆ 本日は米国でテンセントnoWechatの使用が禁止された日である。テンセントは米国で多くのゲーム会社に投資していて、これらゲーム会社に対し米財務省より個人情報などの扱いについて注意するよう呼びかけた。


台湾が中共に対し、もし先に攻撃を行った場合台湾は徹底的に反撃する意を表した。このことから台湾と米国の関係の親密さが分かる。


◆ 米国カリフォルニア州の裁判官はトランプ政府が決めたWechatの使用禁止行政を停止させた。裁判官がどう判決を下ろうとトランプ大統領の行政命令に影響を及ぼすことはできない。最終的に決定権を持っているのは大裁判官であり、今現在米国の大裁判官の多くが保守派であり、Wechatの使用禁止は必然的なことである。


米国のソーシャルメディアが中共に協力していることについて、ジュリアーニが「これは米国会社のどん欲さによるもので、彼らは中共国の巨大な利益しか見ていない。利益の誘惑は彼らの愛国心を完全に押しつぶした。彼らにほんの少しの愛国心があるのかどうかも疑問である。ソーシャルメディアは監視できないものだとは思わない。」と述べた。



RICO法案は組織犯罪に特化した法律である、その法律で様々な功績を残したRICO法案の第一人者であるジュリアーニが現れたことで中共に逃げ道はもうない。




                                引用:路徳社

                               編集&翻訳:RyouTb

22回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.