9月9日 モーニング・ニュース



◆ 香港政党「人民力量」の副主席譚得志が「文字で扇動をした罪」で控訴された。8日の裁判では、裁判官は譚得志の保釈を拒否した。


◆ 台湾の商人が台湾政府から支給された補助金で、中国大陸からのメルトブロー法で作られた不織布を使った質の悪いマスクを作っていた。国民党が再び九二共識について触れた。


◆ 全世界で2700万人が新型コロナウイルスに感染し、90万近くの方々が亡くなった。アメリカだけでその中の20万人を占めている。


◆ 香港東区の裁判官「何俊尧」が香港デモに関係する裁判の判決で、被告を無罪または刑を軽くしたを理由に裁判所から転任された。


◆ 日経アジアの9月7日の報道によると「貿易戦とパンデミックの供給に従い、中国は資源の買い占めを行っている」。


◆ 中共は以前アメリカ両党の対立を利用し、超限戦でアメリカを倒そうとしていたが、今ではアメリカ大統領選挙の前に自分がやられることに気づいたようだ。


◆ 大量のBGYされた力がトランプ大統領の行動を制限しようとしていた、新型コロナウイルスを使った襲撃、アンティファ暴動の扇動、イランや北朝鮮で事件を起こしたのも全てトランプ大統領に「大統領特権」と「緊急事態法」を使わせないためである。


◆ オーストラリアの最後の記者2名が中共国を離れた。このことからオーストラリア政府の立場を明確にしている。


◆ トランプ大統領は超限戦についてよく理解している、だから必ず全面的な防御と反撃をする。中共は冷戦でも熱戦でもアメリカの相手ではない、中共がウイルスをばら撒いたことについては、アメリカは必ずその責任を取らせる。


◆ ロシアでも多くの官僚が路徳社を見ている。彼らが見ている英語や中国語の情報の多くは偽の情報で、真実を見抜くことが困難である、だから路徳社から本当の情報を仕入れている。


◆ 郭文貴が《沧海一声笑》という名前の滅共の歌を発表した。

https://www.youtube.com/watch?v=WyYVXmJcNds




                         引用:路徳社、ling

                         編集:楚材先生 翻訳:RyouTb

15回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.