8月27日 モーニング・ニュース



◆ 香港立法会の反対派議員である林卓廷と許智峰らが暴動などの疑いで逮捕された。


◆ 北京基因組研究所がスイスで行ったPCR検査で3700もの偽陽性の診断結果を出した。北京基因組研究所の検査は正確ではない。


数万人のリトアニア国民が日曜日「人間の鎖」となり、隣国ベラルーシの反政府デモを応援した。


◆ 医学会でヒドロキシクロロキンに対する82編の論文の中、59編がその有効性を証明した、特に予防および早期感染段階での使用に対しては100%有効である。スペインやニュージーランドの病院でもその効果を認めている。


◆ 中共を滅ぼす重い攻撃が繰り出され、一段落つこうとしている。アメリカはすでに徹底した行動を始めた、中共の裾をかじっている者は誰一人法律から逃れることはできない。


◆ 司法省の文書によって米両党が統一戦線に立った、以前ではトランプ大統領が優先権を持っていたが今では民主党が滅共を手にするチャンスが生まれた。どっちが率先して滅共するのかが選挙での優勢を手にする。


◆ 共和党代表大会では、ポンペオ国務長官がエルサレムで「トランプは中共を滅ぼす唯一の人物である。」と発言した。

ウイルスによって17万の米国人が亡くなった、世界では滅共する流れである。民主党ですら滅共を始めるとなると、その圧力は共和党の行動を加速させる。


◆ 中共は直接トランプに対して何も言えないのにトランプ大統領を自分らの思い通りにしようと夢を見ている。

中共とそのお仲間たちはまだあがこうとしているが、ポンペオが出てきてさらなる打撃を与えた。


ポンペオ国務長官が述べた重要なポイントは。1、中共の略奪的な行為への対策。2、中共ウイルスはアメリカおよび世界の人々を死亡させ、また経済の崩壊を引き起こした。中共にウイルスの真相を隠したことに対する責任を取らせる。3、米国に浸透している中共のスパイを逮捕或いは強制送還する。


◆ ポンペオ国務長官が述べた中共のスパイは以下の者が含まれる。1、外国代理人。2、外交官に扮している者。3、中共を支持する者、学者に扮している者。最近ではアメリカ国籍の千人計画のスパイによる案件が激増している。4、インターネットで中共のためにプロパガンダを行う者や誹謗中傷する者も中共のスパイにされる可能性がある。


◆ 郭文貴は自分を餌にライブでは跳ねたり食事をするのは、中共に手がかりを与えようとしていたからだ。普通の人には郭文貴はなぜわざとスキを見せているのは分からない。しかし中共はこれを機に攻撃していた、これを「言論の自由」と思っているようだが、核心となるのはこれらの話の裏で起こっていることだ。


閻麗夢博士によると中共は様々なウイルスを製造しているが、閻麗夢博士が知っている限り、中共は人類に有効的なワクチンを製造できたことがない。


◆ バノンを含む爆料革命のメンバーは習近平の側近と親戚とFBIのとある者から「閻麗夢博士と会いウイルスの真相について調べるな」と、今までにないぐらいな脅迫をされた。




                         引用:路徳社、ling

                         編集:楚材先生 翻訳:RyouTb

149回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.