8月21日 ナイト・ニュース



◆ 2020環太平洋合同演習より:米海軍エセックス強襲揚陸艦とブルネイ・ダルサラーム、カナダ、ニュージーランド、シンガポール海軍と戦術演習期間でフォーメーションを組み航行した。


◆ 米軍アフリカ司令部より:米軍はソマリア政府の協力の下で、ついさっきアル・シャバブのテロリストを1名、斬首作戦によって斬首した。


◆ 中共はオーストラリアの輸入品の増税を狂ったかのようにほざいているが、中共国国内の食品の安全問題がひどいため、中共国は粉ミルク、ミルクなどの需要が減ったことがなく、オーストラリア当局では中国の蒙牛乳業が日本の麒麟に投資し、オーストラリアの有名なブランド乳製品を購入することを禁止している。


◆ テネシー州議員マーク・グリーンは中共国に計1.6万億ドルの「主権債務」を「債券所持者」に返済する要求を出した。

米両院ではこのことに対する意見が一致している。


◆ 欧州連合に続き、アメリカもベラルーシの選挙結果に対し結果を認めないと発表した。独裁者ルカシェンコの合法性が承認されない形となった。


バノンはニューヨーク南部地区の検察庁により起訴された、バノンはその6時間後に生き生きとした表情で現れ、無罪を主張した。


◆ バノンと共に逮捕されたブライアン・コルフェージは退役軍人で、三肢切断者の本物の愛国者である。このことからも中共の卑劣なやり方が見て分かる。


◆ バノンは法廷で必ず証拠を見る。意味のない起訴だと知っているから、逆にそれを楽しみ、相手にカウンターを与えようとしている。


◆ 中共はバノンを陥れるために、外部を利用して証拠を偽造することができる。これらすべては大統領選挙に対する工作である、しかし中共の目的は絶対に叶わない。この行動はアメリカ国民の怒りを煽るだけだ。


◆ トランプ大統領のロシア疑惑、税務問題、全米ライフル協会問題と今の壁の問題を起訴したのは全部ニューヨーク南部地区の検察庁によるものだった。この検察官は前トランプ大統領によってクビにされていた。

中共の誹謗中傷は勝つためじゃなければ、時間を引き伸ばすためである。


◆ バノンは郭文貴の船から連れて行かれた、しかも個人の船の使用は許されなかった。中共及びその潜在勢力は爆料革命を中傷し、爆料革命の盟友を孤立させることで、爆料革命を内部から分裂させようとしている。


◆ これは奇怪な事件である、地球の逆側にある中共は深夜なのに、なぜか昼間のアメリカよりも先にバノンが事情聴収を受けた件に対し「祝っていた」からだ、しかもたった10何分で全ての中国メディアがネットでそれを報じた。これは背後に明らかな政治的操作があることを意味している。


◆ 中共は打倒トランプ、打倒滅共勢力、打倒滅共の決心と一石多鳥を狙っているようたが。この行動は逆に更に多くの人々の反共の決心を煽ってしまう、バノンとその後ろの力もさらに覚醒するだろう。これによって反撃の強さとその速さは今まで以上となるだろう。中共は今まで以上の攻撃に備えましょう。




                         引用:路徳社、ling

                         編集:楚材先生 翻訳:RyouTb

3回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.