8月15日 モーニング・ニュース



◆ ポンペオ国務長官のチェコでの演説はかつてソ連に抑え込まれていた東欧諸国に対し、我々は必ず勝つことを伝えた。

すべての人にとって大きな転機がやってくる、世界も大きな変革を迎えようとしている。


◆ ポンペオ国務長官のチェコ訪問後ではポーランドとオーストリアを訪れる予定だ。

ポーランドは非常に反共的で、憲法の中では研究調査以外では共産党を口にすることすら絶対に許されない。


イスラエルとアラブ首長国連邦の国交正常化はまるでヒューストンの中共領事館の強制退去のように、中共が未だに反撃すらできないほどの奇襲をかけた。


◆ TikTokとWeChatは45日後に禁止される。

アリババはファーウェイと同じレベルの制裁がされる。


葉釗穎氏の銀行通帳が中共に凍結され、お金を引き出すことができなくなった。WeChatのアカウントも凍結されたが、なぜかお金が勝手に引き落とされている。

中共はお金が足りなくなるとまるで強盗のように、色んな方法を考えて国民のお金を奪い取る。14億の国民は彼らの好きなように財産が奪われる。


中共上層部は恨みを果たすために、毛沢東が死んだ後、死体に蝋燭を使った防腐処理を施し、死んでも死にきれないようにした。

一世之雄が死んだあとも中共政権の道具にされている。


中共は全国各地にP3実験室を建設している、広東省だけで20ヶ所に建設するつもりである。しかも大型動物の実験ができるほどの規模である。


◆ スペイン人は閻麗夢博士の存在をすでに知っている。彼女が語る真相について議論している。

真相は何があってももみ消されることはない、正義な力は中共に必ず罰を下すだろう。


簡単なウイルス一つで世界一の強国を崩壊ギリギリまで追い詰めることができた。

中共はそれで味を占め、さらにウイルスを拡散させた行為から莫大な利益を手にすることもできた、だから実験室の拡大を決めた。


閻麗夢博士の登場は中共を非常に受け身にさせた。

中共は将来実験室について指摘されたとき、具体的な証拠提出を攪乱させるためと生物兵器をさらに推し進めるために、様々な場所にP3実験室を作ろうとしている。




                         引用:路徳社、ling

                         編集:楚材先生 翻訳:RyouTb

2回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.