8月13日 ナイト・ニュース



◆ ニューヨーク・タイムズの報道より、中共常務委員会の家族は香港で巨額な資産を持っているとのこと。


ポンペオ国務長官の演説より、中国共産党と中国国民の概念はまったく異なる。中共はアメリカと世界の人々の命と生活を脅かしている。

また、中国人にとってのベルリンの壁の崩壊がもうすぐやってくることを匂わせた。


◆ 中共は資本主義を滅ぼそうとする意志が固く、共産主義の赤い旗を必ず世界各地に立てるつもりである。


◆ 中共が深くアメリカに浸透しているため、中共への対処は当時の冷戦よりも困難である。

チェコを含め、中共をこの体系から徹底的に追い出すためには中共に対して行動を起こさなければいけない、チェコがアメリカ側につかないとまた混乱する可能性がある。


アメリカは中共に対し、80ヶ国の連合軍を招集し、様々な面で中共の脅威に抵抗している。

共通の敵中共を前に、各国間のいがみ合いはしばらく忘れるべき。


◆ 共産党を倒す白書には一連の行動が用意されている。例えばTikTokへの一斉制裁など。

協力と役割についても、行動と戦術上の段取りがされている。


ショーン・スパイサーがNEWSMAXでまずポンペオ国務長官のインタビューを行い、続いて閻麗夢博士がウイルスは生物兵器であることを明らかにした。

閻麗夢博士の声はポンペオ国務長官とともにヨーロッパへ伝わっている。


◆ 西側戦線の包囲環も形成されつつある。中共が倒れたあと、アフリカも中共と共倒れになる。


◆ 香港官僚への制裁は、中国銀行や建設銀行も従わなければいけない、もし銀聯と銀聯配下の銀行を制裁すれば、どの銀行も逃れることはできない。

どこも11人のために自分たちの業務を放棄することはできない。


◆ 11人への制裁は始まりでしかない、まだまだ多くの人が制裁される。

ポンペオ国務長官が前に制裁リストはかなり長く、北京まで届くと話したことがある。


◆ 中国銀行などの資産は全部国盗り共産党員の資産である、その共産党員が失脚すれば、すべてが無になる。


◆ 林鄭月娥は北朝鮮とイラン以外どこの国へ行っても、ファーウェイの孟晩舟みたいに逮捕される。




                         引用:路徳社、ling

                         編集:楚材先生 翻訳:RyouTb

6回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.