8月8日 モーニング・ニュース



◆アメリカの少年たちが両親を通して、中国の海外版TikTokがユーザーの同意なく個人情報を盗み、その情報を中国にあるサーバーへ転送したことに対し、集団控訴を起こした。


◆「環球時報」(中共側の新聞)英語版で、ペストに関する記事を流した、しかし中国語版にはその記事はなかった。

これは西側に対する脅しなのか?


◆トランプ大統領は素早くWeChatを禁止した。TikTokと見せかけたあと、本命であるWeChatに切り替え、ウォールストリートにWeChatをフォローする余地すら与えなかった。


◆テンセントの株が10%暴落した。残り45日でゆっくり消えていくでしょう。

WeChatの運営にはアメリカの技術が必要。

WeChatの中にある様々な嘘はすべて晒されるでしょう。


◆中国のIT企業はアメリカの市場に参入できるのに、アメリカのIT企業は中国市場には参入できないのは明らかに不平等である。

トランプ大統領が手を出せば、それは必ず大きな一撃である、これは彼の中共を滅ぼそうとする決心の現れである。


◆ニューヨーク検事総長が全米ライフル協会を起訴した、腐敗と横領を理由に全米ライフル協会の解体を求めた。


◆ライフル協会は共和党とトランプ大統領を支持する最も重要な力である。

全米ライフル協会が香港人権と民主法案33条に支持したから、それらが無事通過した。


◆中共がライフル協会に対して何かをするのはトランプ大統領に対して何かをしているのと同じことである。

今回のことによって、トランプ大統領にそろそろ行動しないと、選挙が危うくなることを理解させた。





                         引用:路徳社 ling

                         編集:楚材先生 翻訳:RyouTb

4回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.