8月6日 ナイト・ニュース

新中国連邦ニュースまとめ1


◆世界の中共ウイルスの死亡者数が70万を超え、陽性感染者数は1865万を超えた。

中共国のデータでは未だに陽性感染者が88804人で、死亡者は4684人。本当のデータは中共を滅ぼしてからじゃないと明らかになることはないでしょう。


◆ワシントン・ポストの報道によると、トランプ大統領が中共ウイルスについての書き込みをしたため、ツィッターだけでなく、Facebookもその書き込みを削除するまで、発言を禁止された。

もはや中共はトランプ大統領に対し、できる限り手を尽くしている。


◆トランプ大統領はツイッターが禁止されたことを一番最初にバノン氏に伝えた。

そして20何万のフォロワーを持つRaheem KassamがWarRoomでそれを発表した。

このニュースは爆発性を持っているため、注目しておきましょう。


◆FOXのトランプ大統領の最新インタビューより:アメリカは香港に与えた全ての優待制度を撤回する、これで香港の金融と経済はすべて終わる。


◆香港は中共が米ドルを手にする最も重要なルートだ。

一つ目は香港ドルと米ドルの自由な両替。

二つ目は香港ドルの発行は米ドルを発行するのと同じ意味を持つ。

三つ目は証券取引所で上場したときに倍以上の資産を増やせる独特のやり方だ。


◆断交後、アメリカは香港の会計士や監査役の免許を認めなくなる、すべての財務諸表は元通りに戻ってしまう。


◆香港は中国大陸に栄養を与えるパイプである。

郭文貴が少し前に香港ドルは必ず消滅すると言い、1ヶ月で行動が始まると言ったのは大ニュースである。

香港ドルが消えれば、人民元も自然と消える。


◆記者がトランプ大統領に、すでに「香港自治法案」にサインをしたのに、どうして執行しないのか?と質問をした。

トランプ大統領は口先ではない意思を表明した。

二週間前、アメリカが軍艦を香港へ行かせたのは、次のステップのための準備だった。


◆ドイツ、フランス、イタリア、イギリス、オーストラリアはみんなファーウェイの5Gを拒否した。

ポンペオ国務長官とバノン氏は北大西洋条約機構で業務をこなしている。

中共の超限戦による全人類への侵略は、中共を滅ぼしたいという地球全体の民意を作り上げた。


◆中共が長年盗みや無理やり奪ったIT、通信技術である移動体通信事業者、APPショップ、クラウドストレージ、海底ケーブル、情報通信ネットワークをポンペオ国務長官は整理するとツイートした。


◆米政府はハーバード、イェールなどの6つの著名大学に中共国が含まれる過去5年間の数億ドルの寄付記録を、一時的提出するよう求めた。

習近平の娘、薄熙来の息子はみんなハーバード大学で勉強をしている。高校も中共のBGY(脅迫、賄賂、性)がかなり浸透されているところだった。


◆トランプ大統領はFOXで、子供がウイルスに掛かりにくいというのは間違いで、身近な人に誤った方に誘導されたと語った。

大統領選まで3ヶ月、中共はすべての手段を使ってトランプ大統領を落選させようとしている。


◆トランプ大統領は超限戦について身をもって体験したため、貿易協定の第二段階がやってくることはない。


◆トランプ大統領がどんどんぐずぐずしているように感じるが、これは全部大きな行動をする前触れである。なぜなら、ポンペオ国務長官もナヴァロ氏も、バノン氏もずっと推し進めているから。

中共を滅ぼすためには策略がいる、迂回攻撃することで完璧に近づく。


◆皆が観客でしかないなら、例えトランプ大統領がスタートスイッチを押しても、中共を滅ぶすことはできない。もし皆が行動すれば、トランプ大統領がスタートボタンを押さなくても中共は滅ぶ。

大事なのは一人一人の行動である、リツイートを押すだけで世界がもっといい世界へと変わって行く。


◆ポンペオ国務長官は新しい社会秩序の成立について触れた。

一つの中国と一つの台湾は存在しない、中共政権はチンピラ政権であり、これからは台湾と新中国連邦の立場について改めて認定する考えである。

この発言は中共にとって最も恐れていることである。




                         引用:路徳社 ling

                         編集:楚材先生 翻訳:RyouTb

0回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.