7月30日 ナイト・ニュース



◆米国はドイツの駐留米軍を1万2千人削減、ドイツ駐留米軍の3分の1を占める。また、米軍のヨーロッパ本部をドイツのシュトゥットガルトからベルギーへ移動させた。


◆フィリピンが韓国製新型フリゲート艦(FF-150)を出航させ、ハワイの環太平洋軍事演習に参加させた。

今年の環太平洋軍事演習の主題は、南シナ海強制撤去速成訓練である。


◆米国務省:「中国共産党政権はマルクス主義政権である」


◆Facebook創設者ザック・バーグは国会の公聴会で中共の米国の価値観に対する脅威について発言し、中共国のインターネット関連会社は米国の同関連会社の半分を占めると述べた。


◆閻博士は6ヶ月で新しいウイルスを作り出すことができることや、ウイルスを作る骨組みとなるサンプルは中共軍しか所持していない舟山コウモリウイルスであることなど、真相を徐々に明らかにした。


◆1月19日の路徳社の番組放送後、ウイルスの出処について隠蔽されるようになった。

石正麗は1月20日の雑誌「nature」でRatg13の論文を出したが、Ratg13は舟山コウモリウイルスをかばう後ろ盾でしかない。

また、張永振教授のチームも雑誌「nature」で論文を出し、舟山コウモリウイルスと新型冠状ウイルスが最も似ていることを指摘した。その結果、張永振教授のウイルス研究所が強制的に閉鎖された。

中共は一体何がそんなに怖いのだろうか?


◆生理状態ではみられない新しい機能を得たこと(gain-of-function)によって、ウイルスが強化された。それがウイルスは研究所からということを証明した。

同時に、ウイルスの毒性が強化されているため、この研究はワクチンを制作しているのではなく、生物化学兵器を作っていることを意味する。


◆中共は米国が中共政府を合法の政府として認めたと嘘をついた。

また、米国は中共の言い分が正しく、閻博士の言い分が間違っていると推定したとも述べた。


◆バノン氏が米国政府に中共を信じるなと伝え、中共に必ず72時間以内に国際仲裁裁判所の調査を受けさせ、でなければ習近平や王岐山などに対し金融制裁を行う。


◆西側ではずっとウイルスは研究所からというのは陰謀論、もしくは研究所からの漏洩だとしてきた。

しかし、閻博士は本日はっきりとこれはウイルスを強化する実験であり、間違いなく生物化学兵器であると語った。




                         引用:路徳社 ling

                         編集:楚材先生 翻訳:RyouTb

8回の閲覧

メールで購読

  • GNEWS
  • GTV

Copyright© 2018 FUJI,Inc. All right reserved.